はじめに

三千年以上という歴史をもつ中国医学
(中医学)は、病気や体調の変化に漢方薬
(生薬)や
薬膳、鍼灸や推拿など、
様々な方法で対応します。
それは多くの臨床経験中から、
安全性と効果を
確かめながら今に引き継がれてきた
実践的な医学と言えます。

本講座の特徴

基礎から応用、実践まで

目的とレベルに合わせて

中医学講座は初級・中級・上級の3段階の講座を設けています。
基礎である初級講座(2時間×12コマ 約3ヶ月間)は4月と9月に開講します。

専門家によるわかりやすく

丁寧な講義

各コースとも専門の講師が分かりやすく解説します。
また長春中医薬大学附属病院の講師による特別講座もあります。(日本語通訳)

各講座の修了証を発行します

再履修制度や振替受講制度がありますので安心して働きながら受講することができます。
そして各講座を修了(3/4以上の出席)した後、修了証を発行します。

低料金・短期間で

国際中医師受験資格が取得できます

中医学講座(初級・中級・上級)を修了した方は内部検定「上級到達試験」を経て
「国際中医師試験受験資格」が取得できます。上級講座修了までに必要な受講料は約30万円、期間は最短15ヶ月と非常に低料金・短期間となっています。

高い合格率

本講座では国際中医師試験を年1回開催しています。開催日は「国際中医師試験受験資格」取得から約10ヶ月後、12月の土日の2日間で開催します。受験料は約17万円です。合格率は91.6%(2016~2018の実績)と非常に高い合格率を誇っています。

こんな方にお勧め

  • 健康管理に役立てたい方
  • 仕事に活用したい方
  • 教養をふやし、スキルアップしたい方
  • 中医学を通して中国と交流したい方
  • 国際中医師を取得したい方

講座紹介

本講座は、一般財団法人ヘルスケア
社会医療研究所と
長春中医薬大学付属病院が
開催するオープンスクールです

中医学コース

※初級は定員を70名(集中コース)としています

中医学 初級講座

〜入門基礎編〜

からだのしくみ(臓腑と経絡など)病気の原因、体質や体調の見方生活に役立つ中医養生など

詳しくはこちら

中医学 中級講座

〜治療応用編〜

病気の見方、治療と予防の原則生薬や処方の本質・分類・使い方病例検討(中医診断と治療法)など

詳しくはこちら

中医学 上級講座

〜臨床実践編〜

臨床でよく見られる患者の捉え方と治し方(内科・婦人科・小児科など)病例検討(中医診断と治療法)

詳しくはこちら

中医学 上級講座

〜臨床実践編〜

臨床でよく見られる患者の捉え方と治し方(内科・婦人科・小児科など)病例検討(中医診断と治療法)

詳しくはこちら

薬膳コース

各講座について

中医学 薬膳講座

〜薬食同源から学ぶ〜

現代中医学でいう9つの体質に適した薬膳養生、また高血圧・糖尿病等の疾病を中医学理論に基づき分類し代表的な薬膳料理を紹介します。(日本語通訳による講義となります)

2020年3月開講

各講座について

中医学 実践講座

〜講座案内〜

講座をお申し込みになる前にこちらをお読みください。

詳しくはこちら

受講の流れ

よくある質問

中医学講座について
  • 中医学初級講座は平日コースと
    集中コースで振替受講はできますか?

  • 4コマまで振替受講が可能です。講座での振替受講申込票の提出・メール・電話のいずれかで事前のご連絡をお願いします。

  • 漢方のことについて学んだことは
    ありませんが講義についていけますか?

  • 中医学初級講座は初学者向けの内容になっています。解りやすい資料と講師の解説で中国医学の基礎知識を身に着けることができます。

  • 医療従事者ではありませんが受講できますか?

  • 本講座は公開講座ですので、資格・年齢・性別等関係なくどなたでも受講していただけます。

  • 学割はありますか?

  • あります。申込書と併せて学生証のコピーもご提出下さい。学割料金を適用いたします。

  • 申し込みたいのですがファクシミリがありません。

  • 本講座はネット申し込みのほか、申込書でも受付しております。申込書はFAX・郵送のほかスキャンした画像をメールで送信して頂いて結構です。

  • 途中からでも申し込み出来ますか?

  • 途中からでも受講して頂くことは出来ます。受講できなかった講義は次期開催分で受講することが出来ます。ただし受講回数が規定数に達するまで修了は出来ません。

  • 中国医学を学んだことがありますが、初級講座を
    受講せず中級講座から受講できますか?

  • 中医学中級講座は中医学初級講座を修了した方を対象としているため、初級講座を受講せず中級講座から受講することはできません。

  • 中医学中級講座は平日コースと集中コースで
    振替受講はできますか?

  • 中医学中級講座は集中コースのみの開催なので振替受講はできません。欠席したコマは次期に受講することができます。

中医薬膳講座について
  • 中医薬膳講座では調理実習はありますか?

  • 「薬膳養生集中コース」では3回目の講義を「調理デモ」として外部のレンタルキッチンで行います。前半は講義、後半は講師による薬膳料理の実演と試食をすることができます。
    「体質に合わせた薬膳養生コース」・「病気に合わせた薬膳養生コース」は座学のみとなります。

  • 中医薬膳講座では振替受講はできますか?

  • 「体質に合わせた薬膳養生コース」・「病気に合わせた薬膳養生コース」と「薬膳養生集中コース」では講義の進み具合、講義内容ともに異なるため振替受講は出来ません。

講師紹介

王 少麗

おう しょうれい

元 長春中薬大学助 教授
東京薬科大学附属社会医療研究所 教授
世界中医薬学会連合会 中医治未病専業委員会 理事
世界中医薬学会連合会 中医薬伝統知識保護研究専門委員会 理事

長春中医大学付属病院

Ancient Chinese Medicine And Medical Environment

中国吉林省長春にある長春中医薬大学は、1958年に創立され、中医学部を主として、薬学部、鍼灸骨傷学部、看護学部、人文学部などを設ける大学です。
また大学の校訓として、”啓古納今、厚徳精術”(伝統を基礎におき、現代に活用する、徳を重んじて医術を磨く)をかかげ、中医師や科学研究者、技術者を養成する役割を担ってきました。
アジアや欧米諸国から奥の留学生を受け入れ、国際交流に尽力しています。
その付属病院では、中国医学による治療だけでなく治末病の健康増進の取り組みが図られています。

教室案内

講座毎に会場が異なります

今年度の講座は、東京駅周辺、御茶ノ水駅周辺、四ツ谷駅周辺など、参加しやすいエリアで実施予定です。
会場が決定いたしましたら、当講座の専用サイトでお知らせいたします。また、講座を受講される方には別途ご案内いたします。

中医学初級講座 木曜夜コース

主婦会館プラザエフ

東京都千代田区六番町15

中医学初級講座 日曜集中コース

薬学ゼミナール お茶ノ水教室

東京都千代田区神田駿河台2-1-4
ヒルクレスト御茶ノ水4F

中医学中級講座

ウエルシア
ホールディングス株式会社

東京都千代田区外神田2-2-15
ウエルシアビル

中医学上級講座 水曜夜コース

ウエルシア
ホールディングス株式会社

東京都千代田区外神田2-2-15
ウエルシアビル

中医学上級講座 土曜集中コース

ウエルシア
ホールディングス株式会社

東京都千代田区外神田2-2-15
ウエルシアビル